診療案内

診療時間
午前 (9:00〜12:00) × ×
午後 (16:00〜19:00) × × × ×

※土曜日の診療は13:30まで行っています。


主な診療科目

整形外科

1.頸部、腰部、四肢の疼痛、四肢のしびれ感や機能障害の診断、治療を行います。

2.四肢の骨折、打撲等の外傷の診断、治療を行います。

小児整形外科

新生児の四肢の問題、乳児股関節検診、成長期の四肢の障害や骨折をみます。

外科

切り傷や犬にかまれた傷の処置、皮膚の良性腫瘍摘出術を行います。


お願い

出血、激痛、短時間の処置の患者さんは優先して診療させていただきます。また、診療内容によりお一人の患者さんに時間がかかり、待ち時間が長くなることがあります。ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

               よくある疾患

擦り傷、切り傷

擦り傷や切り傷の際に、泥などの異物が付着したまま、その上に市販の塗り薬をぬって来院なさる患者さんをよくみます。傷の処置で重要な事は感染(ばい菌の繁殖)を起こさないようにすることです。この為には、傷をよく洗って異物を除去する事が大事です。異物が付着したまま塗り薬をぬると感染の可能性が高くなるようですので注意が必要です。

足首の捻挫

当クリニックには足首を捻挫した患者さんが大勢受診なさいますので、足首の捻挫についてはライフワークと思って研究しています。足首の捻挫で起こる疾患には放置しても治るものから手術を行わないと重大な後遺症を残すものまであります。特に小学生の低学年では診断と治療に注意が必要ですので 、足首を捻った場合には放置せず出来るだけ早期に医療機関を受診して頂きたいと思います。

犬咬創

犬にかまれた方も比較的多く、中には咬まれた翌日に来院なさる患者さんもあります。犬の口の中にはたくさんのバイ菌がいるので、深い傷を放置すると殆どの例 で化膿します。また、破傷風の危険もありますので、早期に適切な治療が必要です。犬に咬まれた時には6時間以内に医療機関を受診していただきたいと思います。

小児整形外科

子供の患者さんが多いのも当クリニックの特徴の一つです。乳児の股関節の検診、成長期の疼痛、骨折、スポーツ障害の診断、治療には専門知識が必要です。これらの疾患にも対応できるよう努力しています。

骨粗鬆症の薬物治療開始基準

 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版より

以下のような場合が薬物療法開始の目安です

  ・骨密度がYAMの70% 未満

  ・骨密度がYAMの70% 以上80% 未満で大腿骨近位部骨折の家族歴がある

   ・大腿骨近位部または椎体の脆弱性骨折がある

   ・大腿骨近位部または椎体以外の脆弱性骨折があり、骨密度がYAMの80% 未満

                                                                 YAMとは若年成人平均値(20~44歳)

 

 腰部脊柱管狭窄症の診断基準(案)腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン2011

  以下の4項目をすべて満たすこと

1.殿部から下肢の疼痛やしびれ感を有する、2.殿部から下肢の疼痛やしびれは立位や歩行の持続によって出現あるいは増悪し、前屈や座位保持で軽快する、3.歩行で増悪する腰痛は単独であれば除外する、4.MRIなどの画像で脊柱管や椎間孔の変性狭窄状態が確認され、臨床症状を説明できる

 腰痛はどのように定義されるか-腰痛診療ガイドラインより

・腰痛の定義で、確立したものはない。しかし、主に疼痛部位、発症からの有症期間、原因などにより定義される。・一般的には、触知可能な最下端の肋骨と殿溝の間の領域に位置する疼痛と定義される。・有症期間では、急性腰痛(発症からの期間が4週間未満)、亜急性腰痛(発症からの期間が4週間以上3カ月未満)、慢性腰痛(発症からの期間が3カ月以上)と定義される。・原因の明らかな腰痛とあきらかではない非特異的腰痛に分類される。

 腰痛のred flags(危険信号)-腰痛診療ガイドラインより

重篤な脊椎疾患(腫瘍、炎症、骨折など)の合併を疑うべきred flags(危険信号)

・発症年齢20歳未満または55歳超 ・時間や活動性に関係のない腰痛 ・胸部痛 ・癌、ステロイド治療、HIV感染の既往 ・栄養不良 ・体重減少 ・広範囲におよぶ神経症状 ・構築性脊柱変形 ・発熱